IR情報

中期経営計画

成長戦略

当社グループは成長を続ける低価格回転寿司市場のリーディングカンパニーとして、実績ある現事業モデルを更に強化することで今後も着実な成長を続ける所存です。
中期経営計画(2017年9月期-2019年9月期)における今後の具体的な成長軸として以下3点を中心とする経営の諸施策を展開して参ります。

  • 1.着実な新規出店の継続

      2014年以降の平均出店ペースと同水準の、年30~40店舗の国内におけるスシロー業態の出店を中期経営計画期間内においても継続し、持続的かつ安定的な成長の実現を目指します。

  • 2.既存店売上高のトレンド継続

      持続的かつ安定的な新規出店を続ける中においても、5年以上に亘り続いている既存店売上高のプラス成長(※)トレンドを継続することを目指します。
    (※)国内スシロー業態での既存店売上高の昨年対比

  • 3.厳格なコスト管理を通じた利益率の改善

      店舗運営の効率化や本社費の最適化を推し進め、当社グループが強みとするうまさの源泉である「原価率概ね50%」を維持しながらも利益率の向上を図ります。

以上3点の成長軸に加え、当社グループは海外展開も更に強化して参ります。
詳細は添付の中期経営計画をご参照ください。

※2017年9月期-2019年9月期 中期経営計画PDF表示